歯医者での治療-麻酔について

ホームへ戻る >  普段の習慣から防ぐ歯周病  > 歯医者での治療-麻酔について

歯医者での治療-麻酔について歯医者での治療を受ける場合、麻酔が必要になる場合があります。麻酔には局所麻酔、全身麻酔がありますが、歯科治療の場合、局所麻酔がとられる場合が少なくありません。歯の治療の際に、歯を削ったり、を抜いたりするときには痛みが伴います。痛みを伴いながら治療を行うとしたら、患者は痛みに耐え切れなくなってしまうこともあります。歯科治療において、患者が嫌に思う点の一つに痛みがありますから、こうした患者の治療の際の痛みを軽減するために歯医者では局所麻酔が用いられるのです。


局所麻酔の一つに、表面麻酔があります。これは麻酔注射を行う際の痛みを和らげるために用いられる局所麻酔で、注射針を打つ場所に塗布します。その後、注射針を使って局所麻酔を行いますが、この麻酔方法を浸潤麻酔と呼びます。

浸潤麻酔とは抜歯や、歯肉を切除したり、歯を削ったりするときの痛みを和らげるためにとられる麻酔方法のことです。インプラントの土台を埋め込む際も、この方法が用いられます。


浸潤麻酔の利点は、麻酔薬を骨の中までで浸透させることにより、高い麻酔効果を得ることにあります。麻酔が効く時間は1時間程度ですから、親知らずの抜歯や、虫歯の治療においても十分な治療時間が確保されます。また、多くの歯医者で無痛治療を行うことを宣伝していますが、無痛利用の一環として、浸潤麻酔は大変有効な手段です。また、麻酔技術は年々高くなっており、安心して治療を受けることが可能になっています。