歯医者での治療-歯槽膿漏

ホームへ戻る >  普段の習慣から防ぐ歯周病  > 歯医者での治療-歯槽膿漏

歯医者での治療-歯槽膿漏歯槽膿漏とは、歯周病の別名で、歯肉に炎症をおこすだけでなく、歯の周囲の骨を溶かすまでに進行してしまうこともあり、歯を失ってしまう大きな要因の一つです。歯槽膿漏にならないようにするために、常日頃から適切なブラッシングを行うだけでなく、歯医者での定期的な歯科検診を行うことで、未然に防がなければなりません。


また歯槽膿漏は薬で治すことができない病気のため、歯槽膿漏の原因を取り除くしか方法がありません。歯槽膿漏の原因となるのが歯垢や歯石です。

歯垢(プラーク)には多数の細菌がいてやがて歯肉に侵入して炎症などのトラブルを起こしていきます。歯が赤く腫れたり、出血をしたりしている場合は歯槽膿漏のサインですから、すぐに歯医者での検査を受けるようにしましょう。


歯槽膿漏を治す方法ですが、初期段階では歯の表面に付着した歯石を歯医者で取り除くだけで症状を改善できます。また、この段階では麻酔の必要は殆どありません。そして治療期間も短期間で済みます。次に歯石が歯肉の奥まで侵入している場合ですが、この場合は歯茎の取りきれない部分の歯石を除去するため、局所麻酔により痛みを緩和させてから治療を行ないます。麻酔を使用するため、痛みもなく治療ができます。次の段階は、歯肉を切開して歯根に付着した歯石を取り除く方法です。この場合は歯肉切開術を取るため局所麻酔を行います。


この段階まで来ると、治療には時間がかかるようになります。これらのいずれの治療も健康保険適用になります。