歯医者の笑気麻酔について

ホームへ戻る >  普段の習慣から防ぐ歯周病  > 歯医者の笑気麻酔について

笑気麻酔を無痛治療として取り入れる歯医者も増えています。笑気ガスを使用することで患者を鎮静状態にすることができ、痛みを感じさせず、しかもリラックスした状態で治療を行うことができる方法です。歯医者では他にもさまざまな無痛治療が用意されていますが、この笑気麻酔はどんな人に向いているのでしょうか。


まず歯医者での治療に過剰な恐怖心を持っている人。こればかりは頭で理解して抑えられるものではなく、ほとんど本能的に反応してしまう人も多いのです。麻酔や治療に対する恐怖心や不安から気持ち悪くなったり、嘔吐反応を示してしまうこともあります。またそもそも歯医者に行くことを嫌がってしまうケースも。笑気麻酔でそれを払拭できるとわかっていれば、安心して治療を受けられるでしょうし、足も運びやすくなるというもの。これは虫歯・歯周病の早期発見・治療にも結びつくポイントです。

それから高齢者。こちらは体の負担を和らげる意味で向いています。無痛での治療で負担を和らげるだけでなく、やはり不安や恐怖、緊張がもたらす消耗を和らげる効果も大きな意味を持ってくるからです。さらに高齢者の場合、ショックやストレスで体に負担がかかるケースもあります。心疾患や高血圧を抱えている場合はなおのこと。


こうしたケースでも笑気麻酔は負担を軽減する方法として役立つのです。このように、笑気麻酔は単に無痛で治療ができるだけでなく、より幅広い役割を果たしてくれます。こうしたメリットも頭に入れつつ利用するかどうかを検討してみるとよいのではないでしょうか。