歯科医院の電動注射器について

ホームへ戻る > 歯科医院の電動注射器について

歯医者のバイブラジェクト治療
無痛で虫歯の診断を行う
島根の水を飲んでみよう
水の配達法
ウォーターサーバーの宅配水

歯医者の無痛治療においてひとつのポイントとなるのが麻酔の注射です。治療の痛みではなく、麻酔の痛みが嫌で歯医者に行けないという人も少なくありません。考えてみれば重度の虫歯の治療では麻酔が使用されますから、痛みはほとんど感じません。むしろ麻酔を打つ際の痛みが問題となるわけです。無痛治療でも麻酔の痛みと負担を和らげる方法がいろいろと導入されるようになっています。そのひとつが電動注射器。麻酔では注射の際に痛みをどれだけ軽減させるかが最大のポイントとなるわけですが、それを電動注射器を使用することで実現できるのです。


麻酔注射の痛みを軽減しようとする場合には針をできるだけ細くする必要があります。ただ、細くすればするほど注入できる麻酔液の量が少なくなります。ですから必要量を注入するためには、その分力と時間が求められます。そのためなかなか正確な量を注入したり、注入している間ずっと安定した量を維持するのが困難になるのです。

その問題を電動にすることで解消しているのです。電動ですから、手動の注射とは異なり麻酔液をゆっくりと、持続的かつ安定的に注入していくことができます。そのため細い針を使用しても問題なく麻酔を施すことができるのです。麻酔を無痛で受けることさえできれば安心して治療を受けられるという人も多いでしょう。歯医者を探す際には電動注射器を使用しているかどうかも考慮に入れておくとよいのではないでしょうか。