今すぐに歯列を良くする方法とは?

ホームへ戻る >  裏側矯正にかかる期間  > 今すぐに歯列を良くする方法とは?

ブラケットやワイヤーなどを歯に装着して、グイグイ引っ張りながら歯列を矯正していく治療では、ちょっとした治療でもかなりの治療期間がかかります。部分的な治療でも6か月~1年、全体的な歯列矯正になると1年~3年という期間がかかることも少なくありません。


もっとスピーディに、できれば今すぐに歯並びを何とかしたいという人におすすめなのが、クイック矯正と呼ばれる治療方法です。この治療法は、歯の表面にラミネートべニアを接着したり、歯並びが悪い部分に差し歯を付けることで、すぐに見た目の歯並びをよくすることができる審美治療です。通常なら何年もかかる治療も、早ければわずか2週間、長くても1か月ぐらいで終了できるので、今すぐに美しい歯並びを手に入れることができます。

クイック法では、人工のクラウンやべニアを使用するため、色も自由に選ぶことができます。全体的にホワイトニング治療をおこなった後なら、明るいトーンを選ぶことも可能です。


ただし、クイックな方法で矯正した歯列は、虫歯や歯周病などにかかった場合には、再度作り直す作業が必要となります。健康保険が適用されない審美治療では、すべての費用が自己負担となるため、作り直しの際にかかる費用もかなりまとまった金額になるかもしれませんので、念頭に入れておきましょう。


また、自分自身の歯列を矯正するわけではないため、かみ合わせなどの改善ができないのも、クイックな期間で治療を行うことのデメリットと言えるでしょう。