矯正のダイレクトボンディング法とは

ホームへ戻る >  裏側矯正にかかる期間  > 矯正のダイレクトボンディング法とは

私達日本人の多くは、顎の幅が欧米人と比べて狭いため、歯が窮屈な状態であごの骨に乗っている人が多いそうです。そのため、互いの歯が重なり合って凸凹な歯並びとなってしまう原因になることが多いのですが、すべての人が顎の幅が狭いタイプというわけではありません。人によっては「すきっぱ」で、歯の間に隙間ができている人もいます。


すきっぱタイプの矯正治療としておすすめなのが、ダイレクトボンディング法という治療方法です。この方法はネーミング通り、人工のラミネートべニアなどを歯の表面に付け足すことで、見た目の並びをよくすることができるという治療法です。すきっぱの人の多くは、顎の幅が狭いわけではないため、並び自体はそれほど悪くない人が多いようです。ですから、ワイヤーで並び自体を矯正する必要がなく、隙間を埋めるだけで十分に美しくなるケースも少なくないようです。ダイレクトボンディング法は、そんな人におすすめです。

ダイレクトボンディング法では、ほとんどの場合、健康な歯を傷つけることなく、人工のべニアなどを張り付けるだけで治療が終了します。かかる期間も1,2日程度なので、数年という長期間ワイヤーを装着しなければいけない通常の矯正治療を比べると、かなり短期間で治療が終了できるのも、ダイレクトボンディング法のメリットです。


この方法はまだまだ一般的ではないため、取り扱っているクリニックも多くはありません。また、医師の技術力によって仕上がりに大きな差が出るので、ダイレクトボンディング法を希望する人は、できるだけ症例数を多く取り扱っているクリニックの医師を選んで治療を行ったほうが良いでしょう。