企画型の注文住宅とは

ホームへ戻る > 企画型の注文住宅とは

自由設計タイプの注文住宅とは
大手ハウスメーカーの注文住宅施工例
都市型注文住宅の施工例
女性に人気の注文住宅
注文住宅のゴールデンウィーク

注文住宅には、まったく白紙の状態からたくさんの施工例を参考にしながら一つずつ間取りを作り上げていく自由形の住宅と、ハウスメーカーが基本的な間取りをすでに決めていて、そこにオプション的に自分たちの希望を盛り込んでいく企画型の注文住宅があります。


企画型の注文住宅は、誰もが住みやすいように設計されているため、どんな世帯でも一定基準の満足度を得ることができます。しかし、基本的な間取りや材質、設備などはあらかじめ決まっていて、自分たちの希望が完全に反映されるわけではありません。

ですが企画型の住宅は、ハウスメーカーのそれまでのたくさんの施工例の中から、多くのメリットを集めて完成させた間取りや機能になっていることが多いもの。そのため、注文住宅のプランニングにかかるコストや時間を短縮することができます。防犯設備や省エネ機能などもスタンダードになっている施工例もたくさんありますから、できるだけコストと時間をかけずに満足度の高いマイホームが欲しいという場合には、お勧めの方法といえるでしょう。


また、企画型の注文住宅は、今までアパート暮らしで、初めてマイホームを建てる人にも人気があります。自由設計タイプの住宅では、自分たちの経験不足や下準備不足もすべてマイホームに反映されてしまいますが、企画型なら細かい部分まであらかじめ決まっているので、何をどのようにプランニングしたらよいのかわからない人にもお勧めです。