自由設計タイプの注文住宅とは

ホームへ戻る >  企画型の注文住宅とは  > 自由設計タイプの注文住宅とは

注文住宅と聞いてイメージするのは、この自由設計タイプの住宅ではないでしょうか。世界に一つだけのマイホームは自由設計タイプのものが多く、間取りや機能、設備の一つ一つが完全に家主の希望通りに作り上げることができます。しかし、完成度と満足度の高いマイホームを完成させるためには、膨大な施工例を集めて一つ一つ詰めていかなければいけないため、企画型の注文住宅と比べるとコストも時間もかかってしまいます。徹底的にこだわりたい人には自由設計タイプは人気があるようですが、コストや工期、施工例を集めるなどの下準備に限界がある人にとっては、もしかしたら自由設計タイプよりも、ある程度の型が決められている企画型のほうがお勧めかもしれません。

自由設計タイプの注文住宅を建てる際には、間取りの一つ一つを考えたり、内部や屋外に使う素材、デザイン、設備、機能性など、細かい点の一つ一つを検討しなければいけませんし、気に入った施工例がたくさんある場合には、その一つ一つに対して比較検討する作業なども必要となります。マイホームの広さが広くなるほど、その労力は莫大なものとなってしまうのも、自由設計タイプのデメリットと言えるかもしれません。


自由設計タイプの注文住宅は、そうした一つ一つのプロセスを楽しむことができる労力や時間、コスト面でも余裕がある人にお勧めのマイホームといえるでしょう。仕事をしながら注文住宅を考えていたり、育児をしながらという場合には、大変かもしれません。