都市型注文住宅の施工例

ホームへ戻る >  企画型の注文住宅とは  > 都市型注文住宅の施工例

便利なロケーションになればなるほど、驚くほどに土地代が高くなってしまうもの。狭い土地でも、住みやすくてライフスタイルに合ったマイホームを作ることができるのが、注文住宅の大きな魅力です。モデルハウスやショールームを見ても、最近では3階建てや4階建てのように、縦に伸びる住宅が人気となっているようです。大手ハウスメーカーでは、5階建てのモデルハウスもあったりするようです。


都市型の注文住宅と呼ばれる施工例には、2世帯住宅で両世帯が住みやすい間取りになっていたり、1階部分は店舗として賃貸に出したり、1階は店舗で2階は賃貸など、いろいろなバリエーションでアレンジできるものも少なくないようです。

郊外に行けば5階建てのちょっとしたビルのような感覚で利用されている住宅もありますが、都市部では、狭い土地を最大限に有効活用しながら住みやすい生活環境を作ることができる注文住宅が人気となっているようです。


都市型の注文住宅を考えている人は、周辺住宅の日照権などの問題もあるため、何階建てまで高くできるかはケースバイケースで異なります。階数が増えれば、もしかしたらエレベーターなどの設備も必要になるかもしれません。セキュリティ設備なども必要になるでしょう。そうした設備の一つ一つを多くの施工例を比較検討しながら決めていけるのも、注文住宅の大きな魅力といえるでしょう。


実際に入居してから「こんなはずじゃなかった」ということがないように、あらかじめたくさんの施工例を参考にしながら、自分たちにぴったりのマイホームを作りましょう。