新築の注文住宅の流れ

ホームへ戻る > 新築の注文住宅の流れ

新築の注文住宅のブログ
東京に新築の注文住宅
新築の注文住宅を探そう
注文住宅は予定よりも時間がかかる
本格的なハウスクリーニングの前にすること

新築の注文住宅を建てる際の流れがどうなっているのか気になる人もいるでしょう。工務店やハウスメーカーで建てる場合には、まずは電話やメールで問い合わせをします。その際に、簡単に工事内容や要望などを聞かれるので言えるようにしておきましょう。次に打ち合わせをします。新築の場合であっても元々昔の家が建っているような建て替えの場合


では、現地を確認して、建築基準法などの確認も行います。そこでまた要望を聞かれるので、きちんと答えられるようにしておくと良いでしょう。工事内容が決定したら、設計図と見積書を出します。せっかく新築の注文住宅を建てるのであれば、自分の好きなような設計図を作りたいという人も多いでしょう。そのような人は、自分が書いた設計図を持っていけば、対応してくれます。そして、工事内容、費用、工事の期間などを再度確認して、納得がいけば契約という形になります。そして、いよいよ施工を行います。建設工事を行い、新築の場合では住宅性能保証制度を導入するため、検査を行います。最後に工事内容に不備がないかどうか確認をして、引渡しを行い、新築の注文住宅の完成です。

大体はこのような流れで、新築の注文住宅は造られていきますが、その工務店やハウスメーカーによって、手順が変わる場合があるので、事前に説明があるとは思いますが、どのような流れで造られていくのか、きちんと確認しておくことが大切です。流れが分かっていれば、安心して完了まで待つことができるでしょう。