東京に新築の注文住宅

ホームへ戻る >  新築の注文住宅の流れ  > 東京に新築の注文住宅

東京に新築の注文住宅を建てたい人も多くいるでしょう。しかし、大半の人が東京では土地代が高くなるし、都会のゴミゴミした中で暮らすより、少し離れた郊外でゆっくり広い家に住みたいと思い、東京に家を建てるということを諦めることを選択します。勤務先が東京都であれば、勤務先の近くに家を建てられるのが一番かもしれませんが、自分の予算では建てることができないと思っている人も多いようです。


東京といっても、23区とそれ以外では新築の注文住宅を建てる際に、費用が大きく異なってきます。23区に建てるのは、結構な金額がかかってきますが、それ以外であれば、実は神奈川県よりも安く建てることができるという平均のデータがあります。もちろん、平均であって、それより高くなってしまう場合もありますが、東京23区以外の東京市部であれば、そこまで高い費用がかかるというわけではないのです。

それでも東京で新築の注文住宅を建てる場合には、4,000万円から7,000万円程かかるということは覚えておきましょう。これだけ幅があるのは、施工する工務店やハウスメーカーによって、料金が大きく異なるからです。大手の工務店やハウスメーカーでは高くなる傾向がありますが、頑張って値切ることに成功すれば、2パーセントから5パーセント程安く済ませることができるので、値切ってみることも大切です。家は大きな買い物になるので、後悔がないように、建てる場所にも検討を重ねると良いでしょう。