注文住宅は予定よりも時間がかかる

ホームへ戻る >  新築の注文住宅の流れ  > 注文住宅は予定よりも時間がかかる

注文住宅を建てようと決心したら、多くの人は「XX月までには入居したい」という完成時期を決め、そこから逆算して、ハウスメーカーとの契約やプランニングをスタートさせる時期を決めることが多いようです。特に子供がいる世帯では、子供の学校の都合などもありますから、できるだけ学校が休みになる時期を狙って引越しをしたいものです。


注文住宅の施工例を見てみると、12月と3月に完成を希望する人が圧倒的に多いといわれています。特に3月は希望が集中するため、ハウスメーカーも大忙しになるのです。

プランニングの一つ一つに時間がかかる注文住宅を建てる際には、ハウスメーカーと契約するときに大まかな完成時期の見積もりが出ても、見積もりよりも長い工事期間がかかると考えておいたほうがよいでしょう。具体的な工事が始まる前にも、たくさんの施工例を参考にしながら間取りを決めていくプロセスに時間がかかりますし、細かい部分を詰めていく作業にも時間がかかるものです。


「絶対にこの時期までに完成させなければ困る」というような切羽詰まった事情では、注文住宅に関わるすべての人に余裕がなくなってしまい、丁寧な工事ができなくなってしまうこともあるかもしれません。できるだけ時間に余裕をもって、職人も丁寧な工事をするためには、注文住宅の施工を決めたらできるだけ早くから施工例を集めるなど下準備を始め、時間に余裕をもって動くようにしましょう。そのほうが、完成後の満足度が高いマイホームに仕上がります。